レビトラの使用量と効果について

レビトラはED治療薬として開発された医薬品です。
バイアグラと同じように、服用しただけでは勃起の状態を導き出す事は無いため、性行為前に勃起の状態になる事も在りません。

しかし、性行為を始める事で性的な興奮を受け、これがきっかけとなり勃起の状態を導いてくれる、男性機能が低下して悩んでいる人、勃起不全と言う症状が起きてしまい、性行為が難しい男性などに注目されている医薬品になります。

尚、レビトラと言うのは、5mg、10mg、20mgの3種類の錠剤が在るのが特徴です。
使用量が多くなることで効果も高くなるのではないかと言った期待を持つ男性も多いかと思われますが、レビトラには副作用と言うものが生じると言ったケースが多く在ることからも使用量については医師の指示に従う事が大切です。

また、高齢の人を初め、肝臓を患っている人などの場合は、医師に相談を行った上で服用する事が大切です。

因みに、レビトラはHIV感染症を患い、HIV治療薬を使用している人、網膜色素変性症を患っている人、血液透析を行っている人などは処方を受ける事が出来ません。
心筋梗塞の既往歴を持つ人などの場合、心筋梗塞の発症を経験してから6ヶ月以上経過している事で処方を受ける事が出来ますが、副作用として狭心症などが生じるケースもあるため、かかりつけの医師に相談をして服用することが大切です。

尚、レビトラは使用量に応じての持続効果というものに違いが在るのが特徴で、10mg錠の場合では最低5時間程度、20mg錠の場合では最大10時間程度の持続効果を持つと言います。

また、服用するタイミングは空腹時が推奨されており、空腹時に服用することで30分と言った即効性が在るのがレビトラの特徴の一つになっています。