個人輸入代行業者で購入できるレビトラの食後の利用

1990年代の後半に登場したバイアグラは、瞬く間に世界中で一大ブームを引き起こし、爆発的な人気を集めることになります。その後、ED治療薬というジャンルが確立することになり、新しい治療薬が開発されています。レビトラは、2003年にドイツの製薬メーカーが開発したED治療薬で、バイアグラの問題点を改善した内容です。

ちなみに、EDとはかってはインポテンツと呼ばれていた状態をさらに拡大した概念で、単に勃起できないという症状ではありません。中折れや挫折なども含んでいるので、多くの男性が該当します。このために、これを改善することを目的としたED治療薬には、多くを求められることになります。

バイアグラは、勃起の妨げとなっている酵素の活性を阻害することにより、血管を拡張して男性性器周辺の血流量を増加するという内容で、性的な刺激をきっかけとして勃起できる状態になります。一方で、食事による影響を受けやすいので空腹時の服用が必要とされており、身体への負担が大きいということがデメリットです。

これに対してレビトラは基本的な作用機序はバイアグラと同様ですが、食事の影響を受けにくいという点が大きな違いです。具体的には、総エネルギーに占める脂肪分の割合が30パーセント以内であれば大丈夫というもので、普通の食事であれば問題がないということになります。

このために、食後にプレイを楽しめるということであり、身体への負担はそれだけ軽くなります。また、効果が持続する時間もバイアグラが5~6時間だったのに対して、レビトラは5~10時間と長くなっています。このように、様々な点で改善されているレビトラは、2,004年に厚生労働省から承認されており、ED外来を行っている医療機関で処方されています。さらに、バイアグラ同様に、個人輸入代行業者を利用して購入することも可能です。