ED治療薬のレビトラの製薬会社と価格について

男性は年齢が高くなるにつれ、血液の循環が悪くなってしまうので、生活習慣病や勃起不全の症状が起こりやすくなります。
糖尿病、高血圧、勃起不全を同時に抱えている人も珍しくないので、普段から脂肪分や糖分の摂りすぎに注意し、夜は早めに布団に入って体を休めるなど、規則正しい生活習慣を送るようにしたいですね。
そうすれば生活習慣病になるのを防げますし、勃起不全の症状も起こりにくくなりますが、それでも下半身がうまく反応しない場合は、レビトラで対処するようにしましょう。
レビトラは、世界初のED治療薬で知られるバイアグラの次に世に出た薬で、製造販売を行っているのは、ドイツに本社を持つバイエル薬品という製薬会社です。
この製薬会社はアスピリンを開発したところでもあり、技術力が優れていることで知られています。
レビトラは薬価基準未収載のため、どの医療機関へ行っても保険適用外なので、自費診療となり、価格は1錠につき、10mgで1500円、20mgで2000円程度になります。
医療機関で処方してもらうと、これに加えて診察費や検査費等が5000~10000円程度かかるので、続けようと思うとかなりの出費がかかります。
そのため最近は個人輸入代行通販でレビトラを購入する方が増えてきています。
個人輸入代行通販なら処方箋なしでレビトラや、その他のED治療薬も買えるので便利ですし、薬代だけの支払いで済むので、それほどの出費にはなりません。
1箱買うよりも2箱や3箱を買った方が安くなるサイトが多いので、まずは複数を比較し、もっとも安価で販売しているところを探すようにしてください。
送料も出来るだけかからない方が良いので、じっくり比較してからどこに注文するかを決めましょう。